a0360148_20181439.jpg























よく晴れた朝から、午後は突然のにわか雨に。
傘を持っていなかった私は、しっとりと濡れながら街を歩いていました。

お腹いっぱい独りで昼食を食べ、たまにいくフェイシャルエステなんぞの帰り道。
きもちよーくなっていた時だったので、なんだか濡れるのもいいわあと、ゆっくり歩いていました。

私はこれでも効率を求めるタイプの人間でして、何事も素早くテキパキとやりたがるほうです。
ま、関係ないかもしれないけど、雨に濡れるなんてことも私の辞書にはなくてですね・・
いつもなら足早に駅まで急ぐわけなんですが、今日はしとしと雨に濡れながらもゆっくり歩いてみたんです。
そしたら、不思議となーんか楽しくなっちゃったんですよね。
傘なんかなくたってあたしゃ平気さ。てなくらいに、濡れることを楽しんでおりました。

ベランダの植物たちは、最近とみに元気になっています。
雨は恵の雨だもね。
きもちよく水分を吸ってくれたかな。

自分の内面と向き合いながら日々を過ごすことは時に苦しいなあと思います。
自尊心が失われ、自分への愛情がカラカラになり、存在そのものを否定したくなる。
とことん落ちて落ちて落ちまくる。
涙も枯れてしまうほどに。

わたしはまだまだ幼いんだなあと思います。
14歳のバスジャックをした少年の幼稚的心情と変わらないかもしれない。
誰かに振り向いてほしくて、他人や自分を傷つける行動に出てしまう。
存在をわかってほしくて、ネガティブなアピールなんて・・ね。
ふ。おかしいですな。

唄うことは、ミュージシャンとしてというよりも「人間」として成長することがとても多いです。
ただ好きだから始めた歌だけれど、気がついたら、唄うことにもれなくたーくさんの課題が
くっついていましたよー。
大げさだけど、生きるって大変ですよねー笑。
何をするために生まれてきたんだろ。
死ぬとき、自分は何を思うんだろ。
そんなことを結構考えたりしてます。

んーまとまりのない文章ですみません。

あしたの今頃は「ムリウイ」という無敵なカフェでライブです。
ほんとにほんとに良い空間なので、みなさんいらして解毒してください。
カフェまでの祖師ケ谷大蔵の商店街の道も、ほのぼとしていいー感じです。
お待ちしています。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2008-07-18 19:33 | LIVE INFO