元旦

a0360148_20184435.jpg






















明けましておめでとうございます。

東京もそれなりに寒い元旦でした。
寒い日は家でごろごろぬくぬく、といきたいところですが、そうもいかず、
用事を澄ませるために、手早くお雑煮やお屠蘇をいただき元旦から外出していました。

日が暮れる夕方の空。
朝とは別の場所からやっぱり富士山が見えました。
(写真真ん中の下にちょこっと富士山がいます)
ほんとに富士山ってそのフォルムが絵になりますね。
空気が澄んでいる冬の季節はたくさん眺めることができて嬉しいです。


2009年、何が起こるのかしら。

想像するだけで怖い部分もあるし、わくわく楽しいこともあるし。
そのバランスは2008年もおなじ。
現実はいつも明暗のバランスの繰り返しでした。
いいこともつらいことも、ひとつひとつをきちんと受け止めていくこと。
夢や希望は持ち続けていきたい。
たとえ悪いことがあったとしても、そういうことも人生にはあるものだと思えばいい。
みんなそれぞれいろんな人生があって、それぞれに楽しいことと哀しいことがある。
日々の起こるいろんなことを丁寧に受け止めていけば、
いつかは正しい道に辿り着くのではないかと考えるようになったのは、
ちょうどvice versaを始めた頃からのような気がします。
ずっとやりたかった音楽をやりはじめてから、自分の志向が随分と変化しました。
悶々とした気持ちはなくなり、意味のないストレスや不安からはかなり解消された気がします。

正しい道というのはもちろんまだ見えてないけれど、大げさに言えば、私の生きる道、というのを探すためにvice versaをやっているのかな。
一歩一歩の積み重ねが5年後10年後の自分を作ることと考えて、日々真面目にやるだけです。
2009年もひとつひとつ納得しながら前に進みたい。
当たり前なことだけれど、改めて自分に言い聞かせている元旦の夜です。


さて。
次のライブのことも考え始めています。
vice versaの新春のライブは1月10日土曜日。
ボサノバが流れるバー「バルキーニョ」からスタートです。
オーナーのヒガシノさんとは以前からおつきあいさせていただいています。
ヒガシノさんは当時中南米音楽に勤めていらっしゃって、
お店に行ってよくおすすめのCDを教えてもらいました。
その一方で、ボサノバの弾き語りライブもされていて、
共演もさせていただきました。

ブラジル音楽だけではなく音楽全般に詳しいヒガシノさん。
当然ながら、お店は良い音楽が流れています。
その穏やかで優しいキャラがお店にも感じられる居心地の良いバーで、
ときどきvice versaの打ち合わせにも使わせてもらっています。

渋谷には林さんの「bar bossa」 といい、Barquinhoといい、
オトナがくつろげるバーがあるのが便利です。


今回のライブは、マツオさんと2人でまったりゆったりと、カバー曲も交えながら、
カジュアルなステージをするつもりです。
ワインやカクテルなど飲みながら、のんびりと演奏を聴きたい方におすすめです。

ライブは25名程度限定のお席になります。
お早めのご予約をおすすめします。
ご予約はこちらから。

「新春を祝おう!明けましておめでとうライブ」
日時  :1.10.sat open18:30/live19:00
場所  ::渋谷Barquinho(バルキーニョ)
チャージ:2000円
出演  :vice versa(vo.ayuko/gt.マツオケンイチ)


お待ちしておりまーす。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2009-01-01 21:32 | LIVE INFO