<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

リハ&mix

a0360148_20160057.jpg

うちのバンドは朝10時からリハをすることが多い。
最近は慣れたけど、最初の頃は結構大変だった。
頭はクリアでも身体が半分寝ている。
私だけじゃなくて、他のメンバーも。
あ、朝に強いマツオさんは違うか・・。

とにかく、みんなの都合をあわせると午前中からのリハになるので
前日の体調も左右され、なるべく早く寝るようにしている。

昨日は金沢ツアーのためのリハ。
アレンジし直した曲もあって、サウンドを固めることで精一杯だった。
各自の役割と全体のグルーブを把握。
音がまだまだバラバラだから、次回のリハでなんとか5人の音を「ひとつ」にしないとなあ。

リハの後はkey.の平上さんちに行ってmixの最終すりあわせ。
私とマツオさんの細かい注文を辛抱強く聞いてくれる平上さん。
ほんとにいつもありがたい。

mixに立ちあうとほんとに色々勉強になる。
むき出しの生音を「商品」にしてゆく作業。
演奏をすること、歌を歌うこととは、全く別の耳が必要。
声もギターの音もいろんな形に変わってゆく。
面白い。
自分たちの演奏をこれほどまでにリピートして聞くことはそうそうないな。ayuko

photo: フルートの井上るみちゃん。面白いおなごです
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-31 11:41 | Diary

リハ&mix

a0360148_20160057.jpg

うちのバンドは朝10時からリハをすることが多い。
最近は慣れたけど、最初の頃は結構大変だった。
頭はクリアでも身体が半分寝ている。
私だけじゃなくて、他のメンバーも。
あ、朝に強いマツオさんは違うか・・。

とにかく、みんなの都合をあわせると午前中からのリハになるので
前日の体調も左右され、なるべく早く寝るようにしている。

昨日は金沢ツアーのためのリハ。
アレンジし直した曲もあって、サウンドを固めることで精一杯だった。
各自の役割と全体のグルーブを把握。
音がまだまだバラバラだから、次回のリハでなんとか5人の音を「ひとつ」にしないとなあ。

リハの後はkey.の平上さんちに行ってmixの最終すりあわせ。
私とマツオさんの細かい注文を辛抱強く聞いてくれる平上さん。
ほんとにいつもありがたい。

mixに立ちあうとほんとに色々勉強になる。
むき出しの生音を「商品」にしてゆく作業。
演奏をすること、歌を歌うこととは、全く別の耳が必要。
声もギターの音もいろんな形に変わってゆく。
面白い。
自分たちの演奏をこれほどまでにリピートして聞くことはそうそうないな。ayuko

photo: フルートの井上るみちゃん。面白いおなごです
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-31 11:41 | Diary

vice versa miniの音源

a0360148_20160058.jpg









金沢ツアーのために新しい音源を録音した。
drumsのてっしーさん経営するstudio WUUを借りて、贅沢な環境での録音。
いつもありがたいこと。

今回はvice versa miniとしての音源。
フルメンバーではなく、デュオ編成の音源で制作。
曲は既存の曲をリ・アレンジ。
で、もっとも大きな違いはこれまでのように各パートの別録音ではなく、
gt.マツオさんと私が一緒に演奏するいわゆる「一発録音」。

録音は9曲だったけど、1曲はボツにしたのでCDになるのは8曲。
そのうち2曲はてっしーさんもカフォンやシンバルを使って参加。
カフォンをブラシを使って叩くなんてあんまりない手法だと思うけど、
てっしーさんのブラシってすごくいい。
味のある音がして、私はとても好き。

3人で「せいの!」で録音するのはなかなか大変だった。
互いの音がなるべく回り込まないように壁をたてたり、
3人の呼吸が少しずれたり。
結果、マツオさんの生かしたプレイが飛び出したり、
てっしーさんの挑戦的なイントロプレイが生まれたり。
打ち合わせもなくセッションで生まれた3人の音は面白くなった。

デュオ編成の曲についても、何度も録リ直す時間もないから、各曲2回ずつ演奏してみる。
小さなミスやリズムの遅れなどはあるけれど、そのへんは大めにみて、
「勢いのあるテイク」を採用。

とにかく一発録音なんて1stCDを作った時以来で、もう、なんていうか、
いつもの録音の数倍の集中力を使ってしまった。
言ってみればライブのようなものだけど、でもいつものライブとは全く違う。
その音源は、恐ろしく冷静な環境で聞かれるわけであって、
その分、音にシビアな状況であるわけで。
まだできあがっていないのになんだけど、あれこれ言い訳もしたくなる。
それでも、今回の経験はすごく大きなものだった。
自分の表現を冷静に見つめることができた。
いいところも悪いところも、全部丸裸。
一発で決めなければいけないシビアな状況もそれはそれで大事なことだ。

録音が終わったときの開放感たるや、もうこの上なかった。
身体的疲労感はあまりなかったけれど、精神的にどっと疲れた。

ジャケットは1日で仕上げて入稿した。
マツオさんに各曲のコメントを書いてもらい、デザインはいつものように私が仕上げた。
音源mix&masteringはKey.平上さんが現在取組中。
時間のない中でメンバーがやるだけのことをやってる。
バタバタだけど、がんばってる。
なんとか金沢ライブに間に合わせたい。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-27 11:47 | Diary

vice versa miniの音源

a0360148_20160058.jpg









金沢ツアーのために新しい音源を録音した。
drumsのてっしーさん経営するstudio WUUを借りて、贅沢な環境での録音。
いつもありがたいこと。

今回はvice versa miniとしての音源。
フルメンバーではなく、デュオ編成の音源で制作。
曲は既存の曲をリ・アレンジ。
で、もっとも大きな違いはこれまでのように各パートの別録音ではなく、
gt.マツオさんと私が一緒に演奏するいわゆる「一発録音」。

録音は9曲だったけど、1曲はボツにしたのでCDになるのは8曲。
そのうち2曲はてっしーさんもカフォンやシンバルを使って参加。
カフォンをブラシを使って叩くなんてあんまりない手法だと思うけど、
てっしーさんのブラシってすごくいい。
味のある音がして、私はとても好き。

3人で「せいの!」で録音するのはなかなか大変だった。
互いの音がなるべく回り込まないように壁をたてたり、
3人の呼吸が少しずれたり。
結果、マツオさんの生かしたプレイが飛び出したり、
てっしーさんの挑戦的なイントロプレイが生まれたり。
打ち合わせもなくセッションで生まれた3人の音は面白くなった。

デュオ編成の曲についても、何度も録リ直す時間もないから、各曲2回ずつ演奏してみる。
小さなミスやリズムの遅れなどはあるけれど、そのへんは大めにみて、
「勢いのあるテイク」を採用。

とにかく一発録音なんて1stCDを作った時以来で、もう、なんていうか、
いつもの録音の数倍の集中力を使ってしまった。
言ってみればライブのようなものだけど、でもいつものライブとは全く違う。
その音源は、恐ろしく冷静な環境で聞かれるわけであって、
その分、音にシビアな状況であるわけで。
まだできあがっていないのになんだけど、あれこれ言い訳もしたくなる。
それでも、今回の経験はすごく大きなものだった。
自分の表現を冷静に見つめることができた。
いいところも悪いところも、全部丸裸。
一発で決めなければいけないシビアな状況もそれはそれで大事なことだ。

録音が終わったときの開放感たるや、もうこの上なかった。
身体的疲労感はあまりなかったけれど、精神的にどっと疲れた。

ジャケットは1日で仕上げて入稿した。
マツオさんに各曲のコメントを書いてもらい、デザインはいつものように私が仕上げた。
音源mix&masteringはKey.平上さんが現在取組中。
時間のない中でメンバーがやるだけのことをやってる。
バタバタだけど、がんばってる。
なんとか金沢ライブに間に合わせたい。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-27 11:47 | Diary

新しい試み

新しい音源を作ることにした。

今回は気合いの一発録音で、なんとマツオさんとのデュオ編成。
ライブではよくやってるデュオだけど、レコーディングでははじめての試み。
デュオ用にアレンジを変え、構成を変え。

明日録音。
てっしーさんのstudio wuuで録音させてもらう。
うまくいくだろうか。
今日リハをしたんだけど、
なんとも二人の呼吸具合で、「でき」が大きく左右されるなあ。
ちょっと怖い。
けど、うまくいったらきっとすごく嬉しいだろう。
がんばらねばならぬ。

楽しく歌おう。
マツオさんのギターにぴったり寄り添いながらも、自分でgrooveしよう。
自分の足で立つ歌を歌おう。
聞いてくれる人がわくわくどきどきするような音源を作ろう。
無理はしない。
背伸びもしない。
でも、きっと二人はやんちゃになると思う。
「やっちゃった・・」って思う瞬間もあると思う。
それでも、ふふふ、って、ほくそ笑むことができる作品を作ろう。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-24 01:10 | Diary

新しい試み

新しい音源を作ることにした。

今回は気合いの一発録音で、なんとマツオさんとのデュオ編成。
ライブではよくやってるデュオだけど、レコーディングでははじめての試み。
デュオ用にアレンジを変え、構成を変え。

明日録音。
てっしーさんのstudio wuuで録音させてもらう。
うまくいくだろうか。
今日リハをしたんだけど、
なんとも二人の呼吸具合で、「でき」が大きく左右されるなあ。
ちょっと怖い。
けど、うまくいったらきっとすごく嬉しいだろう。
がんばらねばならぬ。

楽しく歌おう。
マツオさんのギターにぴったり寄り添いながらも、自分でgrooveしよう。
自分の足で立つ歌を歌おう。
聞いてくれる人がわくわくどきどきするような音源を作ろう。
無理はしない。
背伸びもしない。
でも、きっと二人はやんちゃになると思う。
「やっちゃった・・」って思う瞬間もあると思う。
それでも、ふふふ、って、ほくそ笑むことができる作品を作ろう。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-24 01:10 | Diary

nobieさんライブ

プラッサオンゼでのnobieさんのライブを見に行った。
bassヤヒロさん、drumsの石川さん、keyの大口さん。
最高のミュージシャンに囲まれながら、nobieさんの歌は輝いていた。
それぞれの音が呼応し合う。
音の会話。
前へ出るエネルギー。
ぶっとび、爆発のエネルギー。
そういうのって、やっぱり好きだなあ。
いいステージだったなあ。
かっこよかったなあ。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-18 11:18 | 見たライブ

nobieさんライブ

プラッサオンゼでのnobieさんのライブを見に行った。
bassヤヒロさん、drumsの石川さん、keyの大口さん。
最高のミュージシャンに囲まれながら、nobieさんの歌は輝いていた。
それぞれの音が呼応し合う。
音の会話。
前へ出るエネルギー。
ぶっとび、爆発のエネルギー。
そういうのって、やっぱり好きだなあ。
いいステージだったなあ。
かっこよかったなあ。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-18 11:18 | 見たライブ

お盆

北陸のお盆は雨が続いた。
少しの晴れ間をみて、山の麓の霊園にある、お墓参りをした。
墓石に水をかけ、ろうそくに火をともし、お線香をつける。
手をあわせ目をつぶると、蝉の鳴く音が急に耳に入ってくる。
そうそう、これは、いなかの夏の音。

祈ったことは、家族の健康。
それだけです。

家族揃って食卓を囲むこと。
なんでもない当たり前のことなのに、なんだか嬉しいと思った。

みんなずっと元気でいてくれればそれでいいなあ。
離れている母も。父も。
母も。父も。
母も。
姉も。兄も。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-16 03:40

お盆

北陸のお盆は雨が続いた。
少しの晴れ間をみて、山の麓の霊園にある、お墓参りをした。
墓石に水をかけ、ろうそくに火をともし、お線香をつける。
手をあわせ目をつぶると、蝉の鳴く音が急に耳に入ってくる。
そうそう、これは、いなかの夏の音。

祈ったことは、家族の健康。
それだけです。

家族揃って食卓を囲むこと。
なんでもない当たり前のことなのに、なんだか嬉しいと思った。

みんなずっと元気でいてくれればそれでいいなあ。
離れている母も。父も。
母も。父も。
母も。
姉も。兄も。ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2005-08-16 03:40