<   2008年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

a0360148_20182193.jpg






















ko-ko-yaとのジョイントライブ終了しました!いや~!!楽しかったです!リハの時から良い雰囲気というか、お互いの音楽性を認め合い、本当の意味での『ジョイント感』の強いライブになったのではないでしょうか。

まずはko-ko-yaの『炭酸水』からスタート!いきなりko-ko-yaのアンサンブルの世界にぐいぐい持っていかれます。キレキレで深いビートを刻む笹子重治さんのギター。うーんやっぱり、いつ見てもぐっときてしまいます!そして、ヴァイオリン江藤有希さんと、クラリネット黒川紗恵子さんの絡み合う旋律。美しさ、スリリングさ、いろんな要素の曲がどんどん出てきて、気持ちいい!ベースとかドラムとか、そういう『強い』楽器はいなくても、いや、逆にそういうものがないからこそ、繊細な聞かせ所が満載で、それはショーロというスタイルが持つ、ブラジル音楽の根底に流れる音楽の良さでもありますが、でも目の前の演奏が気持ち良いのは、それはko-ko-yaの3人のメンバーの高い技術、そして抜群のセンスによるところが大きいのは明白です。ko-ko-ya大好きだな~、と心がハートマークになってしまうのを抑えることが難しいくらいでした。

そしてvice versaの出番です。ko-ko-yaの世界からなかなか抜け出せずにメンタル的な課題が残りましたが、新曲『夏の自転車で』『月影スウィング』などを演奏し、あゆっちものびのび歌っていました。私個人としては、おニューギター2回目のライブということで、試行錯誤は続きますが、ギターの音色もお客さんに褒めてもらいましたし、まずまずでした。

そして後半2曲『感情のカレーライス』『嬉しい日』では、有希ちゃんと紗恵子ちゃんに参加して頂き、ボーカル、ギター、ヴァイオリン、クラリネットといういままで全くやってこなかった編成でチャレンジ!
これがですね、自分でいうのもなんですが、かなり『絶品』でした!
なんていうのかな、こう、曲にもともとあったイメージをお二人に引き出してもらった感じで、そうそう!そういう感じ!欲しかったんだ、という不思議な感覚でした。それはやはり、技術だけでない、お二人の抜群のアレンジセンスによるところです。

そしてアンコールは有希ちゃん作曲の『雲のかたち』を5人で演奏。途中笹子さんと私のギター二人になる場面があって、すごぶる緊張してしまいましたが、至福の時間でもありました。そして、最後は繰り返しメロディを奏でるのですが、これがいいー感じでトリップ。外はピカピカのゴロゴロ!の激しい嵐ではありましたが、青空に白い雲がふわふわ浮かぶのが、本当に心に浮かんで、感動的でした。

そして本当の最後にはvice versaの『Moonlight』をやはり5人で演奏。恐れ多くも笹子さんはギターを置き、ウクレレで参加、ということでしたが、めちゃくちゃ良くってびっくりしました。ハワイアンジャズにヨーロピアンなテイストも、南米の土着っぽい雰囲気も出てて、なんだか聞いたことも無い多国籍バージョン(!)になって、面白かったです。

実りの多いライブでした。足元の悪い中、たくさんの方にお越し頂き、本当にありがとうございました!!

早速ですが、な、なんと。
好評だったあゆっちと私とヴァイオリンの江藤有希さんとクラリネットの黒川紗恵子さんの4人編成のライブが、12/27に決定しました!聞き逃した方はぜひぜひ。詳細は後日お知らせいたします!!この勢いで笹子さんプロデュースでレコーディングとかできたらサイコーだな…。matuken

a0360148_20182282.jpg






















写真:左から
笹子重治さん、ワシ、あゆっち、黒川紗恵子さん、江藤有希さん
[PR]
by viceversadiary | 2008-08-29 23:59 | Live Reports

a0360148_20182193.jpg






















ko-ko-yaとのジョイントライブ終了しました!いや~!!楽しかったです!リハの時から良い雰囲気というか、お互いの音楽性を認め合い、本当の意味での『ジョイント感』の強いライブになったのではないでしょうか。

まずはko-ko-yaの『炭酸水』からスタート!いきなりko-ko-yaのアンサンブルの世界にぐいぐい持っていかれます。キレキレで深いビートを刻む笹子重治さんのギター。うーんやっぱり、いつ見てもぐっときてしまいます!そして、ヴァイオリン江藤有希さんと、クラリネット黒川紗恵子さんの絡み合う旋律。美しさ、スリリングさ、いろんな要素の曲がどんどん出てきて、気持ちいい!ベースとかドラムとか、そういう『強い』楽器はいなくても、いや、逆にそういうものがないからこそ、繊細な聞かせ所が満載で、それはショーロというスタイルが持つ、ブラジル音楽の根底に流れる音楽の良さでもありますが、でも目の前の演奏が気持ち良いのは、それはko-ko-yaの3人のメンバーの高い技術、そして抜群のセンスによるところが大きいのは明白です。ko-ko-ya大好きだな~、と心がハートマークになってしまうのを抑えることが難しいくらいでした。

そしてvice versaの出番です。ko-ko-yaの世界からなかなか抜け出せずにメンタル的な課題が残りましたが、新曲『夏の自転車で』『月影スウィング』などを演奏し、あゆっちものびのび歌っていました。私個人としては、おニューギター2回目のライブということで、試行錯誤は続きますが、ギターの音色もお客さんに褒めてもらいましたし、まずまずでした。

そして後半2曲『感情のカレーライス』『嬉しい日』では、有希ちゃんと紗恵子ちゃんに参加して頂き、ボーカル、ギター、ヴァイオリン、クラリネットといういままで全くやってこなかった編成でチャレンジ!
これがですね、自分でいうのもなんですが、かなり『絶品』でした!
なんていうのかな、こう、曲にもともとあったイメージをお二人に引き出してもらった感じで、そうそう!そういう感じ!欲しかったんだ、という不思議な感覚でした。それはやはり、技術だけでない、お二人の抜群のアレンジセンスによるところです。

そしてアンコールは有希ちゃん作曲の『雲のかたち』を5人で演奏。途中笹子さんと私のギター二人になる場面があって、すごぶる緊張してしまいましたが、至福の時間でもありました。そして、最後は繰り返しメロディを奏でるのですが、これがいいー感じでトリップ。外はピカピカのゴロゴロ!の激しい嵐ではありましたが、青空に白い雲がふわふわ浮かぶのが、本当に心に浮かんで、感動的でした。

そして本当の最後にはvice versaの『Moonlight』をやはり5人で演奏。恐れ多くも笹子さんはギターを置き、ウクレレで参加、ということでしたが、めちゃくちゃ良くってびっくりしました。ハワイアンジャズにヨーロピアンなテイストも、南米の土着っぽい雰囲気も出てて、なんだか聞いたことも無い多国籍バージョン(!)になって、面白かったです。

実りの多いライブでした。足元の悪い中、たくさんの方にお越し頂き、本当にありがとうございました!!

早速ですが、な、なんと。
好評だったあゆっちと私とヴァイオリンの江藤有希さんとクラリネットの黒川紗恵子さんの4人編成のライブが、12/27に決定しました!聞き逃した方はぜひぜひ。詳細は後日お知らせいたします!!この勢いで笹子さんプロデュースでレコーディングとかできたらサイコーだな…。matuken

a0360148_20182282.jpg






















写真:左から
笹子重治さん、ワシ、あゆっち、黒川紗恵子さん、江藤有希さん
[PR]
by viceversadiary | 2008-08-29 23:59 | Live Reports

暮れていく

a0360148_20182131.jpg




















カモシカでのイベントnaTocORo.の後にお茶をしたくて訪ねたmother kurukku
隣接の野菜レストランkurukku kitchenは行ったことがあったのですがこちらのカフェはお初。
通されたのは、大きなガラス窓が全面に開いた高い天井の2Fの席。
いやあーきもちーのなんのって。
空の色が暮れていくさまを「つまみ」にしながらお茶をする
至福の時間でございました。
一緒に行ったのが旧友だったので何も気を使う必要がなく、
二人でただただまったりぼんやり。
野菜のたっぷりのったベジタブルピザや地ビールも美味しくて。
ああ都会ってステキね。


さて。
いよいよ明後日に迫って参りました!中目黒でのライブ!
お店は、先日のTBS王様のブランチの「中目黒ランチ特集」でも
1位になるほど、エスニック料理が自慢のメニューです。
美味しいお料理と音楽をゆったり聴いていただけるおすすめの
ステージですので、是非いらしてください!ayuko

*********************************************************
8月29日(金)open18:00、 live19:30~  
at:中目黒 楽屋
(ご予約:03-3714-2607 )

アクセス:中目黒駅より徒歩5分 チャージ:3000円
出演
:コーコーヤ (ヴァイオリン江藤有希,ギター笹子重治,クラリネット黒川紗恵子)
:vice versa (ボーカル石塚明由子,ギターマツオケンイチ)
[PR]
by viceversadiary | 2008-08-27 12:38 | Diary

暮れていく

a0360148_20182131.jpg




















カモシカでのイベントnaTocORo.の後にお茶をしたくて訪ねたmother kurukku
隣接の野菜レストランkurukku kitchenは行ったことがあったのですがこちらのカフェはお初。
通されたのは、大きなガラス窓が全面に開いた高い天井の2Fの席。
いやあーきもちーのなんのって。
空の色が暮れていくさまを「つまみ」にしながらお茶をする
至福の時間でございました。
一緒に行ったのが旧友だったので何も気を使う必要がなく、
二人でただただまったりぼんやり。
野菜のたっぷりのったベジタブルピザや地ビールも美味しくて。
ああ都会ってステキね。


さて。
いよいよ明後日に迫って参りました!中目黒でのライブ!
お店は、先日のTBS王様のブランチの「中目黒ランチ特集」でも
1位になるほど、エスニック料理が自慢のメニューです。
美味しいお料理と音楽をゆったり聴いていただけるおすすめの
ステージですので、是非いらしてください!ayuko

*********************************************************
8月29日(金)open18:00、 live19:30~  
at:中目黒 楽屋
(ご予約:03-3714-2607 )

アクセス:中目黒駅より徒歩5分 チャージ:3000円
出演
:コーコーヤ (ヴァイオリン江藤有希,ギター笹子重治,クラリネット黒川紗恵子)
:vice versa (ボーカル石塚明由子,ギターマツオケンイチ)
[PR]
by viceversadiary | 2008-08-27 12:38 | Diary

ライブ写真

カメラが戻ってきました。
23日、お店の前での写真です。
a0360148_20182044.jpg




































a0360148_20182118.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2008-08-26 10:55 | Live Reports

ライブ写真

カメラが戻ってきました。
23日、お店の前での写真です。
a0360148_20182044.jpg




































a0360148_20182118.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2008-08-26 10:55 | Live Reports

a0360148_20182003.jpg














a0360148_20182031.jpg














突然秋が訪れたような寒い陽気の土曜日でしたが、
vice versaは津田沼のbar「Sweet kava kava」 で熱いライブをさせていただきましたー。
WMPの翼さんにいつも通りのばっちりな音響セッティングをしていただいたこと、
店長の工藤さんはじめ、お店のスタッフのみなさんの細かなお心遣い、
別のライブの後に駆けつけてくださったWMPの永山さん、
あたたかい拍手やコトバをくださった千葉のお客さま、
わざわざ奈良より来ていただいたお客さま、
みなさまのおかげで、vice versaはストレスフリーの気持ちよい演奏をすることができました。
ほんとうにありがとうございました!

この日マツオさんは買ったばかりの新しいガットギターと機材を用意。
実は長年ライブ時のガットの音作りに悩んでいたマツオさん。
ガットギターもこれで4本目になるそうですが・・・いやあーーー、実にいい音してましたよ!!
ガットギターの本来の生音がちゃんとスピーカーから出ている!!
翼さんも私も「うぉおー」と感動の一瞬でございました!
レコーディングの時は生音をマイクで拾うことができるので問題ないのですが、
ライブだとケーブルをつけて音を出すことが多いので、
本来の美しい音からはかけ離れた「しょぼーい」音になることが多いのです。
いい音が出ないことはミュージシャンにとって非常に大きなストレスになります。
マツオさんは音色でずーっとずーっと悩んでおり、いろんな機材やマイクを買ったりして
試行錯誤を重ねてきた歴史があります。

単なるギターを変えたおかげでということではなく、マイクや機材の工夫でいい音が出るのだそう。
マツオさんも大満足のご様子!ほんとによかったです。
29日の楽屋でのライブでもまたこのギターがお目見えするかもしれません。

そして、この日は初めて演奏したオリジナル新曲「夏の自転車で」、
最近作った「月影スゥイング」、
二人で初めて演奏するボサノバの名曲「Pra que discutir com Madame」、
i tuneのCMで話題になった「1,2,3,4」など、
ミュージシャン的にチャレンジなシーンも作ってみました。
そういえばプラッサオンゼに出演していた時期はカバー曲のレパートリーが
たくさんあり、viceにとってはブラジル曲全盛期だったのですが、
最近はすっかり遠のいていましたね。

わたしはいま唄うことそのものに楽しみを感じていて、
ジャズやブラジルの曲をカバーすることもオリジナル曲を唄うことと
同じくらいの悦びをやっと感じられるようになってきました。
初心に戻っていろいろ取り組んでみようという今日この頃です。
歌詞は移動の電車の中で憶えるようにしています。
以外と気持ちで集中できるようなので。
ぶつぶつ唄うことにも慣れてきましたし笑。

以前からライブではカバー曲を取り入れてきたvice versaでしたが、
ますますそういうシーンも増えていきそうです。

次のライブは金曜日の楽屋でコーコーヤとのジョイントライブです。
コーコーヤとvice versaが一緒に演奏する「絡み」もご用意しております!
我が国が誇るマエストロ笹子さんが人前では滅多に弾かないウクレレも登場するかもしれません!
お楽しみにー。ayuko

photo;カメラを置き忘れてきてしまったのでライブ写真はまた後日。
掲載の写真は先日伺った三軒茶屋のオサレーなカフェ「A-bridge」にて。
秋頃ライブをさせていただく予定です。
[PR]
by viceversadiary | 2008-08-25 11:33 | Live Reports

a0360148_20182003.jpg














a0360148_20182031.jpg














突然秋が訪れたような寒い陽気の土曜日でしたが、
vice versaは津田沼のbar「Sweet kava kava」 で熱いライブをさせていただきましたー。
WMPの翼さんにいつも通りのばっちりな音響セッティングをしていただいたこと、
店長の工藤さんはじめ、お店のスタッフのみなさんの細かなお心遣い、
別のライブの後に駆けつけてくださったWMPの永山さん、
あたたかい拍手やコトバをくださった千葉のお客さま、
わざわざ奈良より来ていただいたお客さま、
みなさまのおかげで、vice versaはストレスフリーの気持ちよい演奏をすることができました。
ほんとうにありがとうございました!

この日マツオさんは買ったばかりの新しいガットギターと機材を用意。
実は長年ライブ時のガットの音作りに悩んでいたマツオさん。
ガットギターもこれで4本目になるそうですが・・・いやあーーー、実にいい音してましたよ!!
ガットギターの本来の生音がちゃんとスピーカーから出ている!!
翼さんも私も「うぉおー」と感動の一瞬でございました!
レコーディングの時は生音をマイクで拾うことができるので問題ないのですが、
ライブだとケーブルをつけて音を出すことが多いので、
本来の美しい音からはかけ離れた「しょぼーい」音になることが多いのです。
いい音が出ないことはミュージシャンにとって非常に大きなストレスになります。
マツオさんは音色でずーっとずーっと悩んでおり、いろんな機材やマイクを買ったりして
試行錯誤を重ねてきた歴史があります。

単なるギターを変えたおかげでということではなく、マイクや機材の工夫でいい音が出るのだそう。
マツオさんも大満足のご様子!ほんとによかったです。
29日の楽屋でのライブでもまたこのギターがお目見えするかもしれません。

そして、この日は初めて演奏したオリジナル新曲「夏の自転車で」、
最近作った「月影スゥイング」、
二人で初めて演奏するボサノバの名曲「Pra que discutir com Madame」、
i tuneのCMで話題になった「1,2,3,4」など、
ミュージシャン的にチャレンジなシーンも作ってみました。
そういえばプラッサオンゼに出演していた時期はカバー曲のレパートリーが
たくさんあり、viceにとってはブラジル曲全盛期だったのですが、
最近はすっかり遠のいていましたね。

わたしはいま唄うことそのものに楽しみを感じていて、
ジャズやブラジルの曲をカバーすることもオリジナル曲を唄うことと
同じくらいの悦びをやっと感じられるようになってきました。
初心に戻っていろいろ取り組んでみようという今日この頃です。
歌詞は移動の電車の中で憶えるようにしています。
以外と気持ちで集中できるようなので。
ぶつぶつ唄うことにも慣れてきましたし笑。

以前からライブではカバー曲を取り入れてきたvice versaでしたが、
ますますそういうシーンも増えていきそうです。

次のライブは金曜日の楽屋でコーコーヤとのジョイントライブです。
コーコーヤとvice versaが一緒に演奏する「絡み」もご用意しております!
我が国が誇るマエストロ笹子さんが人前では滅多に弾かないウクレレも登場するかもしれません!
お楽しみにー。ayuko

photo;カメラを置き忘れてきてしまったのでライブ写真はまた後日。
掲載の写真は先日伺った三軒茶屋のオサレーなカフェ「A-bridge」にて。
秋頃ライブをさせていただく予定です。
[PR]
by viceversadiary | 2008-08-25 11:33 | Live Reports

a0360148_20181976.jpg
























最近おすすめのライブがたくさんありまして、嬉しい悲鳴をあげております。
どのライブもみなさまに来ていただきたいものばかりです!

そんななか8月最後のライブは、29日金曜日、中目黒楽屋にて。
これ、まじで、チョーチョーおすすめのライブでございます。
なぜって、「コーコーヤ」のみなさんとご一緒させていただくからなのです!

ご一緒していただくバンド「コーコーヤ」とは。
ギターの笹子重治さん、バイオリンの江藤有希さん、クラリネットの黒川紗恵子さんからなるブラジルの古い音楽であるショーロや、オリジナル楽曲を演奏するトリオバンドです。
活動19年のショーロクラブのリーダーでもあり、アンサリーさん、EPOさん、ゴンチチ、比屋定篤子さん、畠山美由紀さん、NUUさんなどなど(その輝かしいプロフィールは笹子さんのHPをご覧になっていただきたいのですが)日本の実力派女性シンガーのサポートを死ぬ程やっていらっしゃる日本を代表するギターリスト・笹子さんが作るサウンドのボトム&リズム、そしてクラシックで鍛えたそのテクニックと作曲センスが素晴らしいバイオリンの有希さん&クラリネットの紗恵子さんの作るメロディとハーモニー。
3人が織りなすグルーブにはとにかく心が奪われてしまいます。
打楽器がいないのに、とにかくリズムの点がすごいです!
ぴったりと息のあった演奏は圧巻です。
単に演奏の上手な人達を集めたとしてもああいう演奏にはなりません。
やはり積み重ねたからこそあのような一体感のある演奏になるのだと思います。
エレガントで高尚な世界があるかと思えば、スリリングでドキドキする疾走感みなぎる世界もあります。
いろんな情景や気持ちが音楽になって、最初から最後まで見応え聞きごたえたっぷりのステージです!

ショーロなどと言うと一見マニアックな音楽のように思えますが決してそうではなく、人の胸に染み入るあの美しい演奏を聴けば、誰でも心惹かれるのではないかしら。

vice versaとコーコーヤで一緒に演奏もさせていただく予定です。
ふだんのライブとはまた違った趣きのステージになりそうで、とーっても楽しみです。
viceの曲がまた違った色に変化していくさまを、是非たくさんのお客さまにも見ていただけたらと思います。
月末の金曜日はなにかとお忙しいとは思いますが、そこをなんとか時間を作っていただき、
是非ライブ会場に足をお運びくださいませ。
決して後悔はさせませんのよぉおー。
まだお席に余裕があるようです。みなさま、ふるってご予約くださいませ!

8月29日(金)open18:00、 live19:30~  
at:中目黒 楽屋 (ご予約:03-3714-2607 )
アクセス:中目黒駅より徒歩5分
チャージ:3000円
出演:コーコーヤ (ヴァイオリン江藤有希,ギター笹子重治,クラリネット黒川紗恵子)
vice versa (ボーカル石塚明由子,ギターマツオケンイチ)

a0360148_20181964.jpg















この日は有希さんのお誕生日。
紗恵子ちゃんからのフルーツケーキでみなでお祝をしました。
何か唄ってほしいということ、「ハッピーバースディトゥユー」ではあまりにも味気ないので即興でマツオさんと演奏してみました。
有希さんが産まれた日の情景や、病院内での慌ただしさ、有希さんと初めて対面したときのご両親の顔や気持ち。
ひとつの命が誕生するまでのシーンを想像しながら唄っていたら・・・。
あららあらら、私、なんだか涙があふれてきてしまってまともに唄えなくなってしまう始末。
うーん・・おばかすぎるわたしでした・・。


有希さん、お誕生日おめでとうございまーす!ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2008-08-22 23:55 | LIVE INFO

a0360148_20181976.jpg
























最近おすすめのライブがたくさんありまして、嬉しい悲鳴をあげております。
どのライブもみなさまに来ていただきたいものばかりです!

そんななか8月最後のライブは、29日金曜日、中目黒楽屋にて。
これ、まじで、チョーチョーおすすめのライブでございます。
なぜって、「コーコーヤ」のみなさんとご一緒させていただくからなのです!

ご一緒していただくバンド「コーコーヤ」とは。
ギターの笹子重治さん、バイオリンの江藤有希さん、クラリネットの黒川紗恵子さんからなるブラジルの古い音楽であるショーロや、オリジナル楽曲を演奏するトリオバンドです。
活動19年のショーロクラブのリーダーでもあり、アンサリーさん、EPOさん、ゴンチチ、比屋定篤子さん、畠山美由紀さん、NUUさんなどなど(その輝かしいプロフィールは笹子さんのHPをご覧になっていただきたいのですが)日本の実力派女性シンガーのサポートを死ぬ程やっていらっしゃる日本を代表するギターリスト・笹子さんが作るサウンドのボトム&リズム、そしてクラシックで鍛えたそのテクニックと作曲センスが素晴らしいバイオリンの有希さん&クラリネットの紗恵子さんの作るメロディとハーモニー。
3人が織りなすグルーブにはとにかく心が奪われてしまいます。
打楽器がいないのに、とにかくリズムの点がすごいです!
ぴったりと息のあった演奏は圧巻です。
単に演奏の上手な人達を集めたとしてもああいう演奏にはなりません。
やはり積み重ねたからこそあのような一体感のある演奏になるのだと思います。
エレガントで高尚な世界があるかと思えば、スリリングでドキドキする疾走感みなぎる世界もあります。
いろんな情景や気持ちが音楽になって、最初から最後まで見応え聞きごたえたっぷりのステージです!

ショーロなどと言うと一見マニアックな音楽のように思えますが決してそうではなく、人の胸に染み入るあの美しい演奏を聴けば、誰でも心惹かれるのではないかしら。

vice versaとコーコーヤで一緒に演奏もさせていただく予定です。
ふだんのライブとはまた違った趣きのステージになりそうで、とーっても楽しみです。
viceの曲がまた違った色に変化していくさまを、是非たくさんのお客さまにも見ていただけたらと思います。
月末の金曜日はなにかとお忙しいとは思いますが、そこをなんとか時間を作っていただき、
是非ライブ会場に足をお運びくださいませ。
決して後悔はさせませんのよぉおー。
まだお席に余裕があるようです。みなさま、ふるってご予約くださいませ!

8月29日(金)open18:00、 live19:30~  
at:中目黒 楽屋 (ご予約:03-3714-2607 )
アクセス:中目黒駅より徒歩5分
チャージ:3000円
出演:コーコーヤ (ヴァイオリン江藤有希,ギター笹子重治,クラリネット黒川紗恵子)
vice versa (ボーカル石塚明由子,ギターマツオケンイチ)

a0360148_20181964.jpg















この日は有希さんのお誕生日。
紗恵子ちゃんからのフルーツケーキでみなでお祝をしました。
何か唄ってほしいということ、「ハッピーバースディトゥユー」ではあまりにも味気ないので即興でマツオさんと演奏してみました。
有希さんが産まれた日の情景や、病院内での慌ただしさ、有希さんと初めて対面したときのご両親の顔や気持ち。
ひとつの命が誕生するまでのシーンを想像しながら唄っていたら・・・。
あららあらら、私、なんだか涙があふれてきてしまってまともに唄えなくなってしまう始末。
うーん・・おばかすぎるわたしでした・・。


有希さん、お誕生日おめでとうございまーす!ayuko
[PR]
by viceversadiary | 2008-08-22 23:55 | LIVE INFO