料理と音楽と

a0360148_20185350.jpg


















よく晴れた週末。
東京のはずれで、姉の主催するホームパーティで演奏してきました。

コンセプトは、おいしいお料理とおいしい音楽。

どなたか良いお料理人の方はいらっしゃらないかと考えていたら、
オカズデザインよりつむぎやさんというお料理人を教えていただき、
今回初めてコラボさせていただきました。

食を通して人と人を紡いでゆく、男子ユニットのつむぎやさん。
男前料理をコンセプトに、雑誌などでも活躍されているお料理人です。

つむいでゆくこと。
素敵なことですよね。
vice versaも音楽で人と人を紡いでゆきたいと思っています。
そのコンセプトにお会いする前からすごく共感してしまって、
きっとこれは良い出会いになるに違いないと思っていました。


高菜と黄パプリカの手まり寿司や、白い麻婆豆腐、
最中のカップの入った前菜ピンチョス、
れんこんナッツのパンケーキなど。
そのアイデアに一同「へえーほぉおー」の連続。
体に優しいおいしいお料理をたくさんいただきました。

お家に料理人を招いてパーティをするなんて。
すごく贅沢だけど、いいものですね。
いらしたお客さまみなさん、とてもリラックスしているようでした。


民家でのパーティライブ、vice versaは初めての経験。
自然光の溢れるリビングの中で、唄うことはきもちがいいな。
山梨のくじらぐものライブでもそう思ったのですが、
昼間の時間帯でのライブって開放的な感じがしていいですよね。

これからは「こんにちはー!」から始まる昼間のライブや、
ホームパーティでの演奏もどんどん増やしてゆきたいなあと思っています。
ご用命があればどこへでも行きますよー。ayuko

a0360148_20185320.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-03-30 12:29 | Live Reports

料理と音楽と

a0360148_20185350.jpg


















よく晴れた週末。
東京のはずれで、姉の主催するホームパーティで演奏してきました。

コンセプトは、おいしいお料理とおいしい音楽。

どなたか良いお料理人の方はいらっしゃらないかと考えていたら、
オカズデザインよりつむぎやさんというお料理人を教えていただき、
今回初めてコラボさせていただきました。

食を通して人と人を紡いでゆく、男子ユニットのつむぎやさん。
男前料理をコンセプトに、雑誌などでも活躍されているお料理人です。

つむいでゆくこと。
素敵なことですよね。
vice versaも音楽で人と人を紡いでゆきたいと思っています。
そのコンセプトにお会いする前からすごく共感してしまって、
きっとこれは良い出会いになるに違いないと思っていました。


高菜と黄パプリカの手まり寿司や、白い麻婆豆腐、
最中のカップの入った前菜ピンチョス、
れんこんナッツのパンケーキなど。
そのアイデアに一同「へえーほぉおー」の連続。
体に優しいおいしいお料理をたくさんいただきました。

お家に料理人を招いてパーティをするなんて。
すごく贅沢だけど、いいものですね。
いらしたお客さまみなさん、とてもリラックスしているようでした。


民家でのパーティライブ、vice versaは初めての経験。
自然光の溢れるリビングの中で、唄うことはきもちがいいな。
山梨のくじらぐものライブでもそう思ったのですが、
昼間の時間帯でのライブって開放的な感じがしていいですよね。

これからは「こんにちはー!」から始まる昼間のライブや、
ホームパーティでの演奏もどんどん増やしてゆきたいなあと思っています。
ご用命があればどこへでも行きますよー。ayuko

a0360148_20185320.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-03-30 12:29 | Live Reports

a0360148_20184525.jpg

























私がまだ会社員をやっていたとき。
偶然にヒガシノリュウイチロウさんのホームページをみつけて
ボサノバという音楽について深く知るようになったのはもう10年も前のことです。
ガットギターとぼそぼそとした唄、
それ以上のことは何も知らなかったボサノバへの世界を
ヒガシノさんのHPからいろいろと知ることができました。
ボサノバって?という私のような初心者にわかりやすく説明してくれるサイトは
とても有り難かったです。


vice versaを始めたその数年後。
ライブで偶然ヒガシノさんとタイバンになり初めてお会いすることができました。
すごく嬉しかったことを今でもよく憶えています。
ヒガシノさんトレードマークのボーダーのTシャツがよく似合う、
やっぱりイメージ通り優しいおにいさんでした。

それから、なんやかんやと細く長いご縁がずっと続いていて、
ヒガシノさんのお店ではこんかい2回目のライブとなります。

バルキーニョは、ボサノバが流れる静かなバーです。
店名はポルトガル語で小舟という意味。
かわいいですよね。

まさにヒガシノさんの雰囲気がそのまま空間になった感じ。
居心地がいいですよ。

誰かのおうちのプライベートライブのような時間になるこの日のライブ、
至近距離での演奏を聞くには絶好のお店です(笑)。
ぜひぜひいらしてくださいませ。ayuko


4月5日(日) 開場18:30/開演19:00
at:東京 渋谷 バルキーニョ
vice versa=vo.石塚明由子+gt.マツオケンイチ

東京都渋谷区宇田川町11-2-2F
TEL:03-3476-3097
料金 2,000円

お席のご予約はこちらからお願いします。
[PR]
by viceversadiary | 2009-03-27 11:32 | LIVE INFO

a0360148_20184525.jpg

























私がまだ会社員をやっていたとき。
偶然にヒガシノリュウイチロウさんのホームページをみつけて
ボサノバという音楽について深く知るようになったのはもう10年も前のことです。
ガットギターとぼそぼそとした唄、
それ以上のことは何も知らなかったボサノバへの世界を
ヒガシノさんのHPからいろいろと知ることができました。
ボサノバって?という私のような初心者にわかりやすく説明してくれるサイトは
とても有り難かったです。


vice versaを始めたその数年後。
ライブで偶然ヒガシノさんとタイバンになり初めてお会いすることができました。
すごく嬉しかったことを今でもよく憶えています。
ヒガシノさんトレードマークのボーダーのTシャツがよく似合う、
やっぱりイメージ通り優しいおにいさんでした。

それから、なんやかんやと細く長いご縁がずっと続いていて、
ヒガシノさんのお店ではこんかい2回目のライブとなります。

バルキーニョは、ボサノバが流れる静かなバーです。
店名はポルトガル語で小舟という意味。
かわいいですよね。

まさにヒガシノさんの雰囲気がそのまま空間になった感じ。
居心地がいいですよ。

誰かのおうちのプライベートライブのような時間になるこの日のライブ、
至近距離での演奏を聞くには絶好のお店です(笑)。
ぜひぜひいらしてくださいませ。ayuko


4月5日(日) 開場18:30/開演19:00
at:東京 渋谷 バルキーニョ
vice versa=vo.石塚明由子+gt.マツオケンイチ

東京都渋谷区宇田川町11-2-2F
TEL:03-3476-3097
料金 2,000円

お席のご予約はこちらからお願いします。
[PR]
by viceversadiary | 2009-03-27 11:32 | LIVE INFO

stringsライブ

a0360148_20185207.jpg


















私もマツオさんも石川さんも唄ってる!
おそらく新曲「地上の絵」のときの写真だと思います。


昨日のstringsライブ、とーっても楽しかったです。
おなじみの方も、vice versaを初めて見るの方も、
集まっていただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました!

アルバムをリリースして初めての東京でのライブ。
ようやくこの日を迎えることができました。
唄うよろこびをすごく感じられた日でした。
こう、じわーっと体の奥から湧き出てくるエネルギーがすごくある日で、
冷静な興奮度がとても高かったように思います。


お客さまのあったかーい視線がたくさんありました。
だからかな。
すごーくvice versaらしいステージになりました。

アルバムを作ってリリースして。
その記念ライブをする。
とても普通なことだけれど、私達はそれがなかなかできてなくて。

マツオさんとこの日をどんなに待ち望んだことか。
長い長い日々でした。


石川智さん、ワタナベエスさん、というレコーディングメンバーで演奏できたこと
ゲストの石川周之介さんがほんとに素晴らしい(かつとても私好みな)演奏をしてくださったこと
お客さまがたくさん集まっていただいたこと
長い年月、viceを応援してくださる方々が顔を見せてくださったこと
CDを買うためにライブに来たのです、とたくさんの方々が言ってくださったこと
stringsの井上さんが風邪で熱を出しているのにもかかわらず
最後までおつきあいくださったこと
マツオさんのスキャットがすごくかっこよかったこと
お天気が良かったこと
楽しく良い演奏ができたこと
新曲の評判がとてもよかったこと

ほんとうにほんとうに印象的な夜でした。

改めて思うのですが、
わたしは、vice versaの曲を唄えることがとても嬉しいです。
いつも助けて下さるたくさんの方々のおかげです。

ライブを無事終えることができ、ほっとしています。
みなさま、ほんとうにありがとうございました。ayuko

1st.
1. メルロー
2. コーヒー
3. 感情のカレーライス
4. ふたりのこと
5. 30歳の男 (with sax石川周之介)
6. Fly
7. 月影スゥイング
2nd.
1. Prayer(song by矢野顕子)
2. さらば
3. 地上の絵
4. Golden lady
5. 椿(with sax石川周之介)
6. 嬉しい日(with Flute石川周之介)
7. オレンジの月
8. Moonlight(with sax石川周之介)
アンコール. ぼくらの夜空

うた:石塚明由子、ギター:マツオケンイチ、ベース:ワタナベエス
パーカッション:石川智、スペシャルゲスト:サックス&フルート石川周之介

a0360148_20185293.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-03-21 23:46 | Live Reports

stringsライブ

a0360148_20185207.jpg


















私もマツオさんも石川さんも唄ってる!
おそらく新曲「地上の絵」のときの写真だと思います。


昨日のstringsライブ、とーっても楽しかったです。
おなじみの方も、vice versaを初めて見るの方も、
集まっていただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました!

アルバムをリリースして初めての東京でのライブ。
ようやくこの日を迎えることができました。
唄うよろこびをすごく感じられた日でした。
こう、じわーっと体の奥から湧き出てくるエネルギーがすごくある日で、
冷静な興奮度がとても高かったように思います。


お客さまのあったかーい視線がたくさんありました。
だからかな。
すごーくvice versaらしいステージになりました。

アルバムを作ってリリースして。
その記念ライブをする。
とても普通なことだけれど、私達はそれがなかなかできてなくて。

マツオさんとこの日をどんなに待ち望んだことか。
長い長い日々でした。


石川智さん、ワタナベエスさん、というレコーディングメンバーで演奏できたこと
ゲストの石川周之介さんがほんとに素晴らしい(かつとても私好みな)演奏をしてくださったこと
お客さまがたくさん集まっていただいたこと
長い年月、viceを応援してくださる方々が顔を見せてくださったこと
CDを買うためにライブに来たのです、とたくさんの方々が言ってくださったこと
stringsの井上さんが風邪で熱を出しているのにもかかわらず
最後までおつきあいくださったこと
マツオさんのスキャットがすごくかっこよかったこと
お天気が良かったこと
楽しく良い演奏ができたこと
新曲の評判がとてもよかったこと

ほんとうにほんとうに印象的な夜でした。

改めて思うのですが、
わたしは、vice versaの曲を唄えることがとても嬉しいです。
いつも助けて下さるたくさんの方々のおかげです。

ライブを無事終えることができ、ほっとしています。
みなさま、ほんとうにありがとうございました。ayuko

1st.
1. メルロー
2. コーヒー
3. 感情のカレーライス
4. ふたりのこと
5. 30歳の男 (with sax石川周之介)
6. Fly
7. 月影スゥイング
2nd.
1. Prayer(song by矢野顕子)
2. さらば
3. 地上の絵
4. Golden lady
5. 椿(with sax石川周之介)
6. 嬉しい日(with Flute石川周之介)
7. オレンジの月
8. Moonlight(with sax石川周之介)
アンコール. ぼくらの夜空

うた:石塚明由子、ギター:マツオケンイチ、ベース:ワタナベエス
パーカッション:石川智、スペシャルゲスト:サックス&フルート石川周之介

a0360148_20185293.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-03-21 23:46 | Live Reports

a0360148_20185247.jpg
3月15日、山梨の北杜市にあるくじらぐもでのライブをしてきました。同店のブログだけでは計り知れない、大自然ぶり!
で一同、感動です。
















a0360148_20185223.jpg
















アットホームな温かい雰囲気の中、vice versaの新アルバム「月とコーヒー」中心に曲をセレクト。アルバムに収録されていない新曲「さらば」「地上の絵」では、スペシャルゲストのwater water camelの田辺玄ちゃんに参加してもらい、ゆらゆらギターがマッチング。









a0360148_20185267.jpg

















ビートルズの「Across the Universe」、アンコールにはアルバム収録曲「ぼくらの夜空」では、三木千夏嬢もスペシャル参加!なんと東京からこのくじらぐもの魅力に駆られ、参加してもらったのです。違う音楽ルーツをもつ4人のコラボ。とても気持ちの良い瞬間でした!








a0360148_20185208.jpg

















オーナーの巽夫妻、スタッフの方々、そしてお客さんと山梨の大自然。
ありがとうございました!!また来たいです!matuken











a0360148_20185296.jpg


















a0360148_20185256.jpg



















写真は、一部200Vさん撮影。200Vさん、ありがとうございます!
[PR]
by viceversadiary | 2009-03-19 07:53

a0360148_20185247.jpg
3月15日、山梨の北杜市にあるくじらぐもでのライブをしてきました。同店のブログだけでは計り知れない、大自然ぶり!
で一同、感動です。
















a0360148_20185223.jpg
















アットホームな温かい雰囲気の中、vice versaの新アルバム「月とコーヒー」中心に曲をセレクト。アルバムに収録されていない新曲「さらば」「地上の絵」では、スペシャルゲストのwater water camelの田辺玄ちゃんに参加してもらい、ゆらゆらギターがマッチング。









a0360148_20185267.jpg

















ビートルズの「Across the Universe」、アンコールにはアルバム収録曲「ぼくらの夜空」では、三木千夏嬢もスペシャル参加!なんと東京からこのくじらぐもの魅力に駆られ、参加してもらったのです。違う音楽ルーツをもつ4人のコラボ。とても気持ちの良い瞬間でした!








a0360148_20185208.jpg

















オーナーの巽夫妻、スタッフの方々、そしてお客さんと山梨の大自然。
ありがとうございました!!また来たいです!matuken











a0360148_20185296.jpg


















a0360148_20185256.jpg



















写真は、一部200Vさん撮影。200Vさん、ありがとうございます!
[PR]
by viceversadiary | 2009-03-19 07:53

a0360148_20185113.jpg

























山梨のカフェくじらぐも。

water water camel玄ちゃんの車でお店にむかい、
甲府から30分ほど走ったあとに「さあここだよ」と車が止まったとき、
ものすごいなつかしい気分になりました。

天井のたかーい大きなお家。
その裏には山々がそびえ立ち。
土や草や、でこぼこの石。
やぎがめえーめえーお出迎え。
その風景は、まさに私が育ったいなかの原風景とそっくり。
ああ、今日はすごくいい日になりそうだ、と思えました。

この日はとにかくお天気が良くて、すごく眩しい太陽。
気持ちのよいそよ風と光、山梨はすっかり春の陽気。
どこからともなく続々と車でお客さまが集まって。
定刻前にはすでに満員のお客さま。
くじらぐものおいしいコーヒーを飲みながら、
viceのステージをじっと待っていてくださいました。


「こんばんはー」ではなく「こんにちはー」というコトバから始めたライブ。
夕暮れまでの時間、2ステージたっぷりやらせていただきました。
オリジナル曲を中心に演奏しましたが、即興演奏もやったりして、
自分達もドキドキする時間があったりで、あっという間のステージだったと思います。

ふと見えた、ステージの後ろの窓からの風景。
窓枠に納められたブドウの木々と山々の景色を見たら、急にコトバが浮かび、
突然唄い始めた私に、マツオさんは必死にギターをあわせて、
曲にしてくれました。
わたしはわけもわからず涙が出てきてしまったのですが、
あんなふうになるのは、ときどき起こるものです。
自然の美しさや優しさに触れたとき、無性にコトバを紡ぎたくなるし、
勝手に涙が出てきちゃう。(泣きたくなる、ということではないのですが)
わたしっておばかだなあと思いつつも、涙は止まってくれないので、いつも困ってしまう。

ありのままでいい、と言われているようなくじらぐもからの風景にただただ感動しました。


玄ちゃんには、オリジナル曲3曲をかっこよくきもちよくサポートしてもらいました。
独特の玄ちゃんサウンドは、アルバム「月とコーヒー」のあちこちでも聴けますが、
ライブで一緒にやってもらったのはこの日が初めて。
やっぱり、いいです。
viceのサウンドを新しい世界に導いてくれる。
ゆらゆら隊長、さすがでした。
東京でも是非、玄ちゃんとやろうと思います。
ちょうど山梨に遊びに来るという三木千夏ちゃんをつかまえて、
2曲ほど一緒に唄ってもらいました。
千夏ちゃんのグロッケンの音と優しい声はみなさんにとても好評で、
私もすごく嬉しかったです。

こんなふうに、大好きなミュージシャンと演奏する旅を続けられたら、
わたしはどんなにか幸せでしょう。

CDもたくさん買っていただきました。
それぞれのお客さまとお話ができたこと、
充実度の高いライブに終わり、「おいしいコーヒーライブvol.1」は
山梨のみなさんのおかげで大成功に終りました。


ステージの後片付けも終った頃はすっかり日も暮れ、瞬く間に星が輝き始めました。
おなかぺこぺこの私達に、オーナーの巽さんが、小松菜カレーライスと
おいしいサラダで打ち上げを用意してくださいました。
ちょうど今日は小松菜がたくさん手に入ったから作りました、というその味は
じわーっとおいしいあったかい味がしました。

食事の後に、電気を消してキャンドルのついたケーキを巽さんが持ってきたので、
誰かが誕生日なのかと思ったら、なんとそれは私とマツオさんのために用意したものだと
言うから、もぉーびっくりで、感激。しかしそれもつかの間。
そのケーキをテーブルに起き損ねてひっくりかえしてしまった巽さん!
え?なに?
なにがなんだかわからない一瞬のできごと。
ほんの30秒ほどのストーリーでした。

もちろんひっくりかえったそのケーキはとてもおいしく、しっかりいただきました。
甘さの控えた私好みのしっとりケーキ。
星形のメロン、かわいかった。

巽さん。
とても忙しいはずなのに、わざわざケーキまで作ってくださったその気持ちに
ただただ感動。なんてステキな人でしょうか。

いろんな意味でぶっとんでいる巽さんですが、打ち上げ中に次の企画も決めてしまいました。
くじらぐもで音楽イベントを8月にやることになったのです!
真夏のさんさんと照りつける太陽の下で、屋外音楽ライブをぜひやろうじゃないか!
と、鼻息あらく語り始める巽さんのエネルギーを誰も止めることなどできませんでした。
少しも躊躇せずイメージをどんどん膨らませてモノゴトを実現していく。
巽さん、すごい!恐れ入りました。

ということで、8月にもまたくじらぐもに行きます。
夏の風景も楽しみですー。

玄ちゃんおつかれさまでした。ありがとう。
千夏ちゃん、ありがとう。
山梨のみなさま、ありがとうございました。
またお会いしましょう。ayuko

a0360148_20185185.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-03-19 01:14 | Live Reports

a0360148_20185113.jpg

























山梨のカフェくじらぐも。

water water camel玄ちゃんの車でお店にむかい、
甲府から30分ほど走ったあとに「さあここだよ」と車が止まったとき、
ものすごいなつかしい気分になりました。

天井のたかーい大きなお家。
その裏には山々がそびえ立ち。
土や草や、でこぼこの石。
やぎがめえーめえーお出迎え。
その風景は、まさに私が育ったいなかの原風景とそっくり。
ああ、今日はすごくいい日になりそうだ、と思えました。

この日はとにかくお天気が良くて、すごく眩しい太陽。
気持ちのよいそよ風と光、山梨はすっかり春の陽気。
どこからともなく続々と車でお客さまが集まって。
定刻前にはすでに満員のお客さま。
くじらぐものおいしいコーヒーを飲みながら、
viceのステージをじっと待っていてくださいました。


「こんばんはー」ではなく「こんにちはー」というコトバから始めたライブ。
夕暮れまでの時間、2ステージたっぷりやらせていただきました。
オリジナル曲を中心に演奏しましたが、即興演奏もやったりして、
自分達もドキドキする時間があったりで、あっという間のステージだったと思います。

ふと見えた、ステージの後ろの窓からの風景。
窓枠に納められたブドウの木々と山々の景色を見たら、急にコトバが浮かび、
突然唄い始めた私に、マツオさんは必死にギターをあわせて、
曲にしてくれました。
わたしはわけもわからず涙が出てきてしまったのですが、
あんなふうになるのは、ときどき起こるものです。
自然の美しさや優しさに触れたとき、無性にコトバを紡ぎたくなるし、
勝手に涙が出てきちゃう。(泣きたくなる、ということではないのですが)
わたしっておばかだなあと思いつつも、涙は止まってくれないので、いつも困ってしまう。

ありのままでいい、と言われているようなくじらぐもからの風景にただただ感動しました。


玄ちゃんには、オリジナル曲3曲をかっこよくきもちよくサポートしてもらいました。
独特の玄ちゃんサウンドは、アルバム「月とコーヒー」のあちこちでも聴けますが、
ライブで一緒にやってもらったのはこの日が初めて。
やっぱり、いいです。
viceのサウンドを新しい世界に導いてくれる。
ゆらゆら隊長、さすがでした。
東京でも是非、玄ちゃんとやろうと思います。
ちょうど山梨に遊びに来るという三木千夏ちゃんをつかまえて、
2曲ほど一緒に唄ってもらいました。
千夏ちゃんのグロッケンの音と優しい声はみなさんにとても好評で、
私もすごく嬉しかったです。

こんなふうに、大好きなミュージシャンと演奏する旅を続けられたら、
わたしはどんなにか幸せでしょう。

CDもたくさん買っていただきました。
それぞれのお客さまとお話ができたこと、
充実度の高いライブに終わり、「おいしいコーヒーライブvol.1」は
山梨のみなさんのおかげで大成功に終りました。


ステージの後片付けも終った頃はすっかり日も暮れ、瞬く間に星が輝き始めました。
おなかぺこぺこの私達に、オーナーの巽さんが、小松菜カレーライスと
おいしいサラダで打ち上げを用意してくださいました。
ちょうど今日は小松菜がたくさん手に入ったから作りました、というその味は
じわーっとおいしいあったかい味がしました。

食事の後に、電気を消してキャンドルのついたケーキを巽さんが持ってきたので、
誰かが誕生日なのかと思ったら、なんとそれは私とマツオさんのために用意したものだと
言うから、もぉーびっくりで、感激。しかしそれもつかの間。
そのケーキをテーブルに起き損ねてひっくりかえしてしまった巽さん!
え?なに?
なにがなんだかわからない一瞬のできごと。
ほんの30秒ほどのストーリーでした。

もちろんひっくりかえったそのケーキはとてもおいしく、しっかりいただきました。
甘さの控えた私好みのしっとりケーキ。
星形のメロン、かわいかった。

巽さん。
とても忙しいはずなのに、わざわざケーキまで作ってくださったその気持ちに
ただただ感動。なんてステキな人でしょうか。

いろんな意味でぶっとんでいる巽さんですが、打ち上げ中に次の企画も決めてしまいました。
くじらぐもで音楽イベントを8月にやることになったのです!
真夏のさんさんと照りつける太陽の下で、屋外音楽ライブをぜひやろうじゃないか!
と、鼻息あらく語り始める巽さんのエネルギーを誰も止めることなどできませんでした。
少しも躊躇せずイメージをどんどん膨らませてモノゴトを実現していく。
巽さん、すごい!恐れ入りました。

ということで、8月にもまたくじらぐもに行きます。
夏の風景も楽しみですー。

玄ちゃんおつかれさまでした。ありがとう。
千夏ちゃん、ありがとう。
山梨のみなさま、ありがとうございました。
またお会いしましょう。ayuko

a0360148_20185185.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-03-19 01:14 | Live Reports