<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

a0360148_20190705.jpg























ずっと行ってみたかった古民家カフェFURACOCO(フラココ)。
嬉しいことに、今週末ライブをさせていただきます。
それも贅沢に昼と夜の2回も。

初夏の匂いを感じながら、ゆったりと音を重ねてみようと思います。

お昼の部に空席がまだあるようです。

よかったらぜひ。ayuko


おいしいコーヒーツアーvol.3

日時:2009.7.5.sun 昼夜2回公演
場所:FURACOCO
出演:vice versa(vo.石塚明由子+gt.マツオケンイチ)

千葉県野田市柳沢40(東武野田線愛宕駅より徒歩13分)
チャージ:2500円/おいしいコーヒー付
(コーヒーが苦手な方は別のお飲物がオーダー可)
ご予約:tel 04-7121-2327

昼の部 open12:00/live13:00
夜の部 open17:00/live18:00
各回とも定員になり次第予約終了。

無農薬野菜メニューを提供している古民家カフェFURACOCO。
アルバム「月とコーヒー」にちなんで、松戸のコーヒーやさんmokichi coffeeがご協力してくださいます。
特別に焙煎してくださるコーヒーや、お店特製カレーがあなたをお待ちしております。
昼と夜の表情が違う古民家でゆったり音楽をお楽しみ下さい。

(写真はお店のHPより転載)
[PR]
by viceversadiary | 2009-06-29 14:24 | LIVE INFO

a0360148_20190705.jpg























ずっと行ってみたかった古民家カフェFURACOCO(フラココ)。
嬉しいことに、今週末ライブをさせていただきます。
それも贅沢に昼と夜の2回も。

初夏の匂いを感じながら、ゆったりと音を重ねてみようと思います。

お昼の部に空席がまだあるようです。

よかったらぜひ。ayuko


おいしいコーヒーツアーvol.3

日時:2009.7.5.sun 昼夜2回公演
場所:FURACOCO
出演:vice versa(vo.石塚明由子+gt.マツオケンイチ)

千葉県野田市柳沢40(東武野田線愛宕駅より徒歩13分)
チャージ:2500円/おいしいコーヒー付
(コーヒーが苦手な方は別のお飲物がオーダー可)
ご予約:tel 04-7121-2327

昼の部 open12:00/live13:00
夜の部 open17:00/live18:00
各回とも定員になり次第予約終了。

無農薬野菜メニューを提供している古民家カフェFURACOCO。
アルバム「月とコーヒー」にちなんで、松戸のコーヒーやさんmokichi coffeeがご協力してくださいます。
特別に焙煎してくださるコーヒーや、お店特製カレーがあなたをお待ちしております。
昼と夜の表情が違う古民家でゆったり音楽をお楽しみ下さい。

(写真はお店のHPより転載)
[PR]
by viceversadiary | 2009-06-29 14:24 | LIVE INFO

a0360148_20190691.jpg













6月は敦賀、三島、山梨と続いていました。最近ちょいとご無沙汰の東京でのライブは吉祥寺stringsにて。
コーコーヤのクラリネット 黒川紗恵子ちゃん、バイオリン 江藤有希ちゃんと共演。vice versaのいつものオリジナル曲に素晴らしいアレンジを加えてもらい、曲の作り手として、そして一緒に演奏できる幸せを味わった時間でした!

コーコーヤでは、私の敬愛するギターの笹子重治さんを加え、3人の素晴らしい曲とコンビネーションは折り紙付きなわけですが、今回はお二人と僕らvice versaとの3度目の共演ということもあり、曲もだんだんこなれてきて、お二人のプロフェッショナルな音楽への取り組みにも刺激され、充実した時間になりました!

あゆっちと私のふたりの演奏はある意味とても自由奔放で、お客さんの顔を見て演奏内容をその場で変えたりする「思いつき」で演奏できる良さがあります。最近やっとうまくゆくときが増えてきたような気がしています。
一方サポートの方が入るときは、いろんなタイプの人がいますが、ある程度自由さはなくなり、アレンジなりリズムなりに忠実に演奏する、ということが多いし、そちらのほうが気持ちいいし、結果成功する確率が高いと思っています。

そういう中で有希ちゃん、紗恵子ちゃんはまた違うテイストをvice versaに与えてくれます。ヴァイオリンとクラリネットの音色の良さはもちろん、なんといっても「曲」の解釈というとてもシンプルな面で我々の世界に飛び込んで来てくれるのです。
自分の得意な世界に持っていっちゃう人が多い中、そこはとても繊細にvice versaの曲に彩りを加えてくれます。これがいいんですよね!やはり「オリジナル曲」を生み出し、演奏する活動を中心としている人ってもともともっている引き出しとか、そういう「深さ」みたいなものがあるんだなーと、勝手に思っています。

後半のステージではピアノの宮嶋みぎわちゃんも飛び入りで演奏していただきました!ピアノの音がすうっと空間を満たし、ギターでは表現できない世界に連れて行ってくれます。
みぎわちゃんもまたオリジナル曲をとても大事にして活動しているミュージシャンであり、こういう方々と演奏できるのはとても幸せで、さらに創作意欲が増しますねぇ。

というわけで、久々の東京ライブは音楽的に非常に充実した内容となりました。あゆっちの声と私のギターもさらに進化させていきたいな、そんなことを感じました。

ご来場のお客様ありがとうございました。紗恵子ちゃん有希ちゃん、ありがと。
この4人編成、次は8月2日(日)、青山プラッサオンゼで再現しますよ!matuken

1 Fly
2 Fotografia → 写真
3 30才の男(with ヴァイオリン/江藤有希)
以下、4人編成で
4 メルロー
5 感情のカレーライス
6 即興演奏
7 さらば
8 嬉しい日

1 虹(with ピアノ/宮嶋みぎわ)
2 地上の絵
3 月影スゥイング(with クラリネット/黒川紗恵子)
以下、4人編成で
4 くじらぐも
5 オレンジの月
6 椿
7 Moonlight
アンコール:ぼくらの夜空
[PR]
by viceversadiary | 2009-06-29 00:01

a0360148_20190691.jpg













6月は敦賀、三島、山梨と続いていました。最近ちょいとご無沙汰の東京でのライブは吉祥寺stringsにて。
コーコーヤのクラリネット 黒川紗恵子ちゃん、バイオリン 江藤有希ちゃんと共演。vice versaのいつものオリジナル曲に素晴らしいアレンジを加えてもらい、曲の作り手として、そして一緒に演奏できる幸せを味わった時間でした!

コーコーヤでは、私の敬愛するギターの笹子重治さんを加え、3人の素晴らしい曲とコンビネーションは折り紙付きなわけですが、今回はお二人と僕らvice versaとの3度目の共演ということもあり、曲もだんだんこなれてきて、お二人のプロフェッショナルな音楽への取り組みにも刺激され、充実した時間になりました!

あゆっちと私のふたりの演奏はある意味とても自由奔放で、お客さんの顔を見て演奏内容をその場で変えたりする「思いつき」で演奏できる良さがあります。最近やっとうまくゆくときが増えてきたような気がしています。
一方サポートの方が入るときは、いろんなタイプの人がいますが、ある程度自由さはなくなり、アレンジなりリズムなりに忠実に演奏する、ということが多いし、そちらのほうが気持ちいいし、結果成功する確率が高いと思っています。

そういう中で有希ちゃん、紗恵子ちゃんはまた違うテイストをvice versaに与えてくれます。ヴァイオリンとクラリネットの音色の良さはもちろん、なんといっても「曲」の解釈というとてもシンプルな面で我々の世界に飛び込んで来てくれるのです。
自分の得意な世界に持っていっちゃう人が多い中、そこはとても繊細にvice versaの曲に彩りを加えてくれます。これがいいんですよね!やはり「オリジナル曲」を生み出し、演奏する活動を中心としている人ってもともともっている引き出しとか、そういう「深さ」みたいなものがあるんだなーと、勝手に思っています。

後半のステージではピアノの宮嶋みぎわちゃんも飛び入りで演奏していただきました!ピアノの音がすうっと空間を満たし、ギターでは表現できない世界に連れて行ってくれます。
みぎわちゃんもまたオリジナル曲をとても大事にして活動しているミュージシャンであり、こういう方々と演奏できるのはとても幸せで、さらに創作意欲が増しますねぇ。

というわけで、久々の東京ライブは音楽的に非常に充実した内容となりました。あゆっちの声と私のギターもさらに進化させていきたいな、そんなことを感じました。

ご来場のお客様ありがとうございました。紗恵子ちゃん有希ちゃん、ありがと。
この4人編成、次は8月2日(日)、青山プラッサオンゼで再現しますよ!matuken

1 Fly
2 Fotografia → 写真
3 30才の男(with ヴァイオリン/江藤有希)
以下、4人編成で
4 メルロー
5 感情のカレーライス
6 即興演奏
7 さらば
8 嬉しい日

1 虹(with ピアノ/宮嶋みぎわ)
2 地上の絵
3 月影スゥイング(with クラリネット/黒川紗恵子)
以下、4人編成で
4 くじらぐも
5 オレンジの月
6 椿
7 Moonlight
アンコール:ぼくらの夜空
[PR]
by viceversadiary | 2009-06-29 00:01

この1ヶ月間、東京を飛び出してライブをしてきましたが、
今週土曜日、ホーム東京に戻ってきます。

ご一緒していただくのはコーコーヤ女子部のお二人。
ヴァイオリン江藤有希ちゃん、クラリネット黒川紗恵子ちゃん。
お二人の演奏に私もマツオさんも心底惚れております。
抜群のアレンジセンスと凄腕テクニック、そして豊かな表現力。
もぉーね、唄いながら心が奪われていくのですよー。
お二人とつくるvice versaサウンドは、そう、さながら小さなオーケストラです。
どことなくクラシカルで、哀愁感もたっぷり。
前回のライブ(2008/12月)以上に、豊かな音楽が生まれています。

とてもとてもおすすめのライブです。
是非いらしてくださいね。ayuko

6月27日(土曜日) 開場19:00/開演20:00
場所:吉祥寺 strings
出演:vice versa(vo.石塚明由子/gt.マツオケンイチ)
+バイオリン 江藤有希/クラリネット黒川紗恵子

東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13-B1F
チャージ:税込3000円
ご予約:Strings 0422-28-5035

いつものアレンジとはまた違ったサウンドをお楽しみ下さい。
ご予約、まだ受け付けておりますです。

a0360148_20190685.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-06-23 12:20 | LIVE INFO

この1ヶ月間、東京を飛び出してライブをしてきましたが、
今週土曜日、ホーム東京に戻ってきます。

ご一緒していただくのはコーコーヤ女子部のお二人。
ヴァイオリン江藤有希ちゃん、クラリネット黒川紗恵子ちゃん。
お二人の演奏に私もマツオさんも心底惚れております。
抜群のアレンジセンスと凄腕テクニック、そして豊かな表現力。
もぉーね、唄いながら心が奪われていくのですよー。
お二人とつくるvice versaサウンドは、そう、さながら小さなオーケストラです。
どことなくクラシカルで、哀愁感もたっぷり。
前回のライブ(2008/12月)以上に、豊かな音楽が生まれています。

とてもとてもおすすめのライブです。
是非いらしてくださいね。ayuko

6月27日(土曜日) 開場19:00/開演20:00
場所:吉祥寺 strings
出演:vice versa(vo.石塚明由子/gt.マツオケンイチ)
+バイオリン 江藤有希/クラリネット黒川紗恵子

東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-12-13-B1F
チャージ:税込3000円
ご予約:Strings 0422-28-5035

いつものアレンジとはまた違ったサウンドをお楽しみ下さい。
ご予約、まだ受け付けておりますです。

a0360148_20190685.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-06-23 12:20 | LIVE INFO

a0360148_20190564.jpg




























山梨の市川三郷町にあるおふとんやさん「睡眠工房おざわ」でのライブ「ねむりへの音、香りへの音楽ライブ」が終りました。
たくさんのお客さまに集まっていただきありがたかったです。ありがとうございました。

ひやあーきもちよかったー。ほんとに。

キャメル敷きぶとんの上に麻パッドを敷いてあって、その上にごろんと寝転ぶときもちよくて。
お店のなかは、アロマの匂いですーごいきもちよいし。
いただいたハーブティやハーブコーヒーはおいしいし。
おみやげにいただいたラベンダーはすっごいいい香りだし。
おきゃくさんはみんなあったかくて、めちゃくちゃいい笑顔で「たのしかったー」って言ってくださったし。
ライブアンケートにはたくさん嬉しいコトバが書かれていたし。
おざわさんのお父さんもお母さんもすっごいステキでかわいらしい方だったし。
わざわざライブのためにお手伝いに来てくださった豊田市のおふとんやさん「睡眠館オーガニック」の谷澤幸子さんも素敵な方だったし。
このライブを企画してくださったおざわさんちの宏美さんもほんとに丁寧におもてなししてくださったし。
宏美さんのお友達が作ってくださったカレーはおいしかったし。

もうとにかくとにかく。
最初から最後まできもちいいー!しかコトバがでない時間でした。


いいー香りが漂って、お布団やベッドの上で音楽を聞いていただけるライブ。
私達にとってもとても貴重なライブになりました。
眠りへ誘う音楽っていままで意識的に創ったことはなかったけれど、
今回のライブを通して、今までやってこなかった「脱力の音楽」を創造するきっかけになりました。

ギターの玄ちゃん(WATER WATER CAMEL) とマツオさんに弾いてもらった眠りへの音楽、良い試みでした。
お客さまと一緒に私も目をつぶって音に身を委ねてみたら、だんだんと脱力してきて。
音楽がこんなふうに人をリラックスさせることができることを私も体験できてよかったな。


ライブの後に山梨名物のほうとうをいただきました。
お母さんの手作り。あったかい味がしたなあ。
山梨でのライブはもう4回目。
8月には5回目のライブが待っています。
ますますご縁が深くなりそうー。

山梨のみなさん、ありがとうございました。
またもうすぐ会いましょうー。
げんちゃん、ありがとうー。ayuko

1 メルロー
2 感情のカレーライス
3 コーヒー
4 眠りへ音 ( byマツオさん&田辺玄)
5 さらば (with 田辺玄)
6 虹 (with 田辺玄)
7 月影スゥイング

1 Pra que discutir com Madame
2 即興
3 くじらぐも (with 田辺玄)
4 中央線(宮沢和史)(with 田辺玄)
5 Fly
6 椿
7 Moonlight
アンコール 地上の絵
a0360148_20190504.jpg





























この敷き布団の上に座ってライブを見ていただきました。ベッドの上でもね。あーきもちよかったー。
a0360148_20190575.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-06-23 11:27 | Live Reports

a0360148_20190564.jpg




























山梨の市川三郷町にあるおふとんやさん「睡眠工房おざわ」でのライブ「ねむりへの音、香りへの音楽ライブ」が終りました。
たくさんのお客さまに集まっていただきありがたかったです。ありがとうございました。

ひやあーきもちよかったー。ほんとに。

キャメル敷きぶとんの上に麻パッドを敷いてあって、その上にごろんと寝転ぶときもちよくて。
お店のなかは、アロマの匂いですーごいきもちよいし。
いただいたハーブティやハーブコーヒーはおいしいし。
おみやげにいただいたラベンダーはすっごいいい香りだし。
おきゃくさんはみんなあったかくて、めちゃくちゃいい笑顔で「たのしかったー」って言ってくださったし。
ライブアンケートにはたくさん嬉しいコトバが書かれていたし。
おざわさんのお父さんもお母さんもすっごいステキでかわいらしい方だったし。
わざわざライブのためにお手伝いに来てくださった豊田市のおふとんやさん「睡眠館オーガニック」の谷澤幸子さんも素敵な方だったし。
このライブを企画してくださったおざわさんちの宏美さんもほんとに丁寧におもてなししてくださったし。
宏美さんのお友達が作ってくださったカレーはおいしかったし。

もうとにかくとにかく。
最初から最後まできもちいいー!しかコトバがでない時間でした。


いいー香りが漂って、お布団やベッドの上で音楽を聞いていただけるライブ。
私達にとってもとても貴重なライブになりました。
眠りへ誘う音楽っていままで意識的に創ったことはなかったけれど、
今回のライブを通して、今までやってこなかった「脱力の音楽」を創造するきっかけになりました。

ギターの玄ちゃん(WATER WATER CAMEL) とマツオさんに弾いてもらった眠りへの音楽、良い試みでした。
お客さまと一緒に私も目をつぶって音に身を委ねてみたら、だんだんと脱力してきて。
音楽がこんなふうに人をリラックスさせることができることを私も体験できてよかったな。


ライブの後に山梨名物のほうとうをいただきました。
お母さんの手作り。あったかい味がしたなあ。
山梨でのライブはもう4回目。
8月には5回目のライブが待っています。
ますますご縁が深くなりそうー。

山梨のみなさん、ありがとうございました。
またもうすぐ会いましょうー。
げんちゃん、ありがとうー。ayuko

1 メルロー
2 感情のカレーライス
3 コーヒー
4 眠りへ音 ( byマツオさん&田辺玄)
5 さらば (with 田辺玄)
6 虹 (with 田辺玄)
7 月影スゥイング

1 Pra que discutir com Madame
2 即興
3 くじらぐも (with 田辺玄)
4 中央線(宮沢和史)(with 田辺玄)
5 Fly
6 椿
7 Moonlight
アンコール 地上の絵
a0360148_20190504.jpg





























この敷き布団の上に座ってライブを見ていただきました。ベッドの上でもね。あーきもちよかったー。
a0360148_20190575.jpg

[PR]
by viceversadiary | 2009-06-23 11:27 | Live Reports

a0360148_20190495.jpg






















日曜日、静岡県三島市のdilettante cafe(ディレッタントカフェ)でライブ。たくさんの方に来ていただきありがとうございました。

dilettante cafe。ほんとに素敵なお店でした。
川のせせらぎが聞こえるリバーサイドのロケーション、踏切の音、静かな街。
店に入れば、そこはまるでパリのようなカフェ。アンティークなインテリアとミュゼットが似合う古き良きヨーロッパの雰囲気。
出させるお料理は美しいプレート!私達が頂いたさくらえびのパスタとキッシュはすごーく絶品でした。

ライブはきもちのよい汗をかいた充実したステージになりました。
お客さまがぐっと集中して聞いてくださっているので、こちらもとても気合いが入りましたねー。
リアルタイムで会場の空気を感じたままにステージを進めるとすごく楽しくなってきて、いつものvice versaらしい演奏になりました。
途中、ゲストに静岡在住のお二人(sofaの真由美さん-写真 前列左から2番目、ボサノバシンガーの竹内優子さん-写真 前列いちばん右)にも唄っていただき、ステージに華を添えていただきました。やわらかい声でしっかりとグルーブを感じる真由美さんにはvice versaの「sunday brunch」を、清潔感のある優しい声の優子さんにはボサノバの「イパネマの娘」をマツオさんとデュオで。
お二人とも素敵な声!ずっと聞いていたいほどに贅沢な一瞬でした。

演奏の前にお食事を出し終わり、ライブをしている最中にはお料理のオーダーはストップ、ステージに合わせて照明を少し落としてくださる。オーナーの四宮さん(写真-前列のエプロンのお兄さん)の細かな配慮で、私達はただただ演奏に集中し思い切ったステージをすることができました。
わずかな時間でしたが、三島のみなさんと触れ合え、音楽を共有したことに心から幸せを感じていました。
「また三島に来てくださいね」とお客さまみなさんがおっしゃってくださって嬉しかったです。
三島の夜。名残惜しい別れでした。

お店のHPでもライブ後記が掲載されています。こちらをどうぞ。ayuko


a0360148_20190453.jpg
























リバーサイドのdilettante cafeです。
a0360148_20190434.jpg























こんなふうに源平川を散策できるのです。
a0360148_20190420.jpg






























源平川は透き通ってました。清いなー。
a0360148_20190430.jpg























ゲストで唄ってくださったsofaの真由美さん(真ん中)とお友達でピアニストの知里さん(左)と。
a0360148_20190502.jpg




























ライブの前に朝10:00からのFMみしま・かんなみ(VOICE CUE)>の番組「Girly Radio Box」に20分程出演してきました。
体も声をまだまだ起きていない感じで不安だったのですが、1曲「椿」という曲を生演奏させていただきました。マツオさんはちょっと緊張している様子にも見えましたがまあそれも生ならではの醍醐味。
ライブとは違う生放送の怖さですよね。
パーソナリティのMINAKOさん。太陽のように明るい人でした。
気さくにいろいろ話しかけていただいて、短い時間でしたがすっかりリラックスしておしゃべり。VOICE CUEのみなさま、お世話になりましたー。
a0360148_20190507.jpg























FM出演の後は念願の三島大社へ!お宮詣りの家族が何組かいました。
a0360148_20190552.jpg



























おばかなふたり。
a0360148_20190550.jpg



























三島の一日は想い出いっぱい出会いいっぱい。良い旅でしたー。
三島のみなさん、またお会いしましょうー。ありがとうございました。ayuko



*お知らせです。
sofaの真由美さんとはこの夏2回のジョイントライブが決まっています。
7月26日(日)静岡県藤枝市のカフェ「Lufus」
8月8日(土)東京・吉祥寺「Strings」
詳細については、近日お知らせいたします。
[PR]
by viceversadiary | 2009-06-16 12:07 | Live Reports

a0360148_20190495.jpg






















日曜日、静岡県三島市のdilettante cafe(ディレッタントカフェ)でライブ。たくさんの方に来ていただきありがとうございました。

dilettante cafe。ほんとに素敵なお店でした。
川のせせらぎが聞こえるリバーサイドのロケーション、踏切の音、静かな街。
店に入れば、そこはまるでパリのようなカフェ。アンティークなインテリアとミュゼットが似合う古き良きヨーロッパの雰囲気。
出させるお料理は美しいプレート!私達が頂いたさくらえびのパスタとキッシュはすごーく絶品でした。

ライブはきもちのよい汗をかいた充実したステージになりました。
お客さまがぐっと集中して聞いてくださっているので、こちらもとても気合いが入りましたねー。
リアルタイムで会場の空気を感じたままにステージを進めるとすごく楽しくなってきて、いつものvice versaらしい演奏になりました。
途中、ゲストに静岡在住のお二人(sofaの真由美さん-写真 前列左から2番目、ボサノバシンガーの竹内優子さん-写真 前列いちばん右)にも唄っていただき、ステージに華を添えていただきました。やわらかい声でしっかりとグルーブを感じる真由美さんにはvice versaの「sunday brunch」を、清潔感のある優しい声の優子さんにはボサノバの「イパネマの娘」をマツオさんとデュオで。
お二人とも素敵な声!ずっと聞いていたいほどに贅沢な一瞬でした。

演奏の前にお食事を出し終わり、ライブをしている最中にはお料理のオーダーはストップ、ステージに合わせて照明を少し落としてくださる。オーナーの四宮さん(写真-前列のエプロンのお兄さん)の細かな配慮で、私達はただただ演奏に集中し思い切ったステージをすることができました。
わずかな時間でしたが、三島のみなさんと触れ合え、音楽を共有したことに心から幸せを感じていました。
「また三島に来てくださいね」とお客さまみなさんがおっしゃってくださって嬉しかったです。
三島の夜。名残惜しい別れでした。

お店のHPでもライブ後記が掲載されています。こちらをどうぞ。ayuko


a0360148_20190453.jpg
























リバーサイドのdilettante cafeです。
a0360148_20190434.jpg























こんなふうに源平川を散策できるのです。
a0360148_20190420.jpg






























源平川は透き通ってました。清いなー。
a0360148_20190430.jpg























ゲストで唄ってくださったsofaの真由美さん(真ん中)とお友達でピアニストの知里さん(左)と。
a0360148_20190502.jpg




























ライブの前に朝10:00からのFMみしま・かんなみ(VOICE CUE)>の番組「Girly Radio Box」に20分程出演してきました。
体も声をまだまだ起きていない感じで不安だったのですが、1曲「椿」という曲を生演奏させていただきました。マツオさんはちょっと緊張している様子にも見えましたがまあそれも生ならではの醍醐味。
ライブとは違う生放送の怖さですよね。
パーソナリティのMINAKOさん。太陽のように明るい人でした。
気さくにいろいろ話しかけていただいて、短い時間でしたがすっかりリラックスしておしゃべり。VOICE CUEのみなさま、お世話になりましたー。
a0360148_20190507.jpg























FM出演の後は念願の三島大社へ!お宮詣りの家族が何組かいました。
a0360148_20190552.jpg



























おばかなふたり。
a0360148_20190550.jpg



























三島の一日は想い出いっぱい出会いいっぱい。良い旅でしたー。
三島のみなさん、またお会いしましょうー。ありがとうございました。ayuko



*お知らせです。
sofaの真由美さんとはこの夏2回のジョイントライブが決まっています。
7月26日(日)静岡県藤枝市のカフェ「Lufus」
8月8日(土)東京・吉祥寺「Strings」
詳細については、近日お知らせいたします。
[PR]
by viceversadiary | 2009-06-16 12:07 | Live Reports